品川区初のコミュニティ・クラブである東京インターナショナルトーストマスターズクラブ、 10周年を迎え、例会開催回数も300回を超える

PDF版リリースをダウンロード

話し方、リーダーシップを学ぶ国際的な非営利団体であるトーストマスターズ・インターナショナル所属の東京インタナショナルトーストマスターズクラブ(以下、東京インターナショナルTMC)は、このたび、10周年を迎え、例会開催回数も300回を超えました。

東京インターナショナルTMCは2007年、当時は品川区初のコミュニティ・クラブとして活動を開始しました。日本語・英語の両方でスピーチを学ぶバイリンガルクラブであり、会員の英語力も高く、日本語・英語共に、全国スピーチコンテストのファイナリストや入賞者を多く輩出してきました。現在の会員は会社員を中心に若い世代からベテラン世代まで幅広い年代の会員が所属しています。各会員の職種も多種多様で様々なバックグラウンドをもとにしたスピーチを聞くことができます。多忙なため一時休会したり、クラブを離れたりする会員もおりますが、数年後に復帰する会員も多数いる居心地の良いアットホームなクラブです。

東京インターナショナルTMC ホームページ: http://titmc.tokyo/

今回10周年を迎えるにあたり、東京インターナショナルTMCの相坂一樹会長は、以下の通り述べています。
「私はこのクラブに所属して8年を過ぎましたが、どの例会も忘れ難い印象的なスピーチがありました。そのような充実した例会を積み重ねて10周年、300回という区切りを迎えられたことを大変うれしく思っています。今回の10周年に際し、世界中で活躍中のOB・OGから多数の温かいメッセージと近況報告をいただき、トーストマスターズでの活動がキャリアにもインパクトを与えていることを実感しました。まだトーストマスターズクラブを見たことがないという方はぜひ東京インターナショナルTMCに見学にいらしてください。」

トーストマスターズは話し方、パブリックスピーチ、リーダーシップを学ぶ国際的な非営利団体であり、18歳以上なら誰でも入会できます。会員20人から30人で組織されたクラブが世界中に存在し、世界141か国に16,200クラブ、約35万人の会員が現在活動しています。日本では、全国35都道府県に日本語・英語その他外国語のクラブ、計192クラブ(立ち上げ中クラブを含めると204クラブ)、4,000人以上の会員が存在します。
日本支部ウェブサイト – http://district76.org/ja/

東京インターナショナルTMCのように、平日の夜、会社員などを中心に開催されるトーストマスターズクラブには、様々な企業・職種のビジネスパーソンが集まっています。日本語・英語でのプレゼンテーションや話し方能力の上達に役立つだけでなく、共通の目的のもと継続的に集まることで接触頻度が多く交流を深めやすいトーストマスターズクラブという形態は、新たな社外交流の場として注目されつつあります。特にバイリンガルクラブは、国内系から外資系まで様々な企業の参加者が多く集まり、言語の枠を超えた普遍的なソフトスキル向上や交流の場として役立っています。

トーストマスターズのグローバル・モットーである「Toastmasters: Where Leaders Are Made」を掲げ、各クラブは今後も、全国の皆様のコミュニケーションとリーダーシップ能力の向上に貢献していきます。

<メディア関係者お問い合わせ先>
トーストマスターズ・インターナショナル日本支部(ディストリクト76)
PRマネージャー 青山亜美
toastmasters@district76.org
http://district76.org/

今後のイベント・セミナー

  1. ディビジョンBコンテスト

    2019年3月21日
  2. 2019年 ディストリクト76 春季大会

    2019年5月10日~2019年5月12日