例会および見学についてのFAQ

例会および見学について

英会話教室との最も大きな違いは、先生や教材がないことです。トーストマスターズにはコミュニケーションとリーダーシップのスキルを上達させるためにプラクティカルガイドがあります。このガイドに沿って自分でスキルを磨いていきます。 また、英会話教室は英語を直接の目的としていますが、トーストマスターズの目的はコミュニケーションとリーダーシップ能力の向上であり、英語を学ぶことではありません。英語は日本語や他の外国語と並んで、あくまで「手段」として捉えています。活動の結果として英語力が上達することも事実ですが、活動の姿勢が全く異なる、ということです。
先生からのスピーチの指導はございません。その代わりに、例会はワークショップ形式となりますので、会員が例会に参加し、スピーチすることを通してスピーチのスキルを高めます。
参加するクラブによって異なります。 英語だけのクラブですと、マニュアルもすべて英語になりますし、クラブによってはメールなどの会員間のコミュニケーションも英語の場合があります。したがって、ビジネスレベル相当以上の英語力が望ましいです。トーストマスターズで英文法を教えるようなことは行っておりませんので、もし全くの英語初心者でどうしても英語クラブに入られたい場合は、同時並行で英会話教室などできちんと英語を学ばれながらの参加をお勧めします。 一方、バイリンガル(日英)クラブの場合、日本語をメインに英語初心者に参加しやすいようなクラブも存在しますので、まずはそこからスタートされることも検討されてみてはいかがでしょうか。これは、英語クラブのほうがレベルが高いということでは決してなく、むしろ日本語スピーチのほうが難しいという英語トーストマスターズクラブ経験者も多いほどです。米国ではほとんどのクラブは英語(母国語)です。母国語のスピーチを同時に学ぶことは、英語だけでは得られない経験もありますので、皆さまのニーズや英語レベルに合わせて選ばれることをお勧めします。
大丈夫です。例会に参加することで、人前で話す練習になり、会員からもスピーチのアドバイスをもらうことができます。多くのメンバーが、「あがり症の克服」を理由に入会しています。
見学は通常3回まで無料ですが、例外もありますので、訪問クラブにお尋ねください。3回の見学で例会の雰囲気を楽しんでいただければ幸いです。 2つ以上のクラブを同時に訪問することも可能ですので、ご自身に合ったクラブを探されても構いません。 但し、半年、1年と数多くのクラブを見学だけしてどのクラブにも入会しない状態が続くと、歓迎されにくくなることもありますので、入会してもいいというクラブが1つ見つかれば、お早めに入会をお決めになることをお勧めします。それによってスピーチなど役割もできるようになりますし、入会後は見学回数に関係なく全国及び世界各地のクラブを、原則無料で訪れることができるようになります。 見学したが入会しなかったクラブも、他のクラブに入会されたと聞くと、ほとんどの会員は嫌な気持ちになることはなくむしろ同じトーストマスターズの仲間になったということで温かく歓迎してくれます。
筆記用具をお持ちくださいませ。 また、日によって会場が変更になる場合がありますので、事前にクラブに連絡されることをお勧めします。 ビジネスや宗教、政治などの勧誘目的での参加は一切禁止されております。こうした行為を行った方は、近隣のクラブも含めて、今後の見学をお断りされる場合がございますのでご注意くださいませ。
詳しくは訪問クラブにお尋ねください。 予約をしなくても可能なクラブも多く存在しますが、予約が必須のクラブも少数ながら存在しますし、資料配布等の都合上、たとえ直前でも連絡してから参加されたほうが、クラブ側でゲストの皆様を歓迎する準備も整えることができます。

今後のイベント・セミナー

  1. 2020 全国大会

    2020年4月24日~2020年4月26日