こんな素敵な役員さんのお話

■ ■ ■ こんな素敵な役員さんのお話 ■ ■ ■
クラブ役員のみなさんへのRecognitionはどれも素敵なお話でした。☆

2018-2019 ディストリクトディレクターの石原です。

クラブのために活動しておられるクラブ役員のみなさんをメンバーのみなさんからRecognitionしていただく機会は作れないかと、この企画を考えて、以下のような投げかけをクラブのみなさんにしました。

クラブ役員の仕事は「あたりまえ」ではありません。もし素晴らしい例会が開催されているとしたら、一回一回の例会のために、役員さんは「有難い」仕事をされているはずです。
そんなクラブ役員の仕事を爽やかにあるいは黙々とされている役員さんのお話をご紹介いただけることで少しでもみなさんの気づきになればと思いました。


良いクラブでは7人役員のみなさんが素晴らしいチームワークでクラブ運営をされています。
この取り組みの目的は、会員のみなさんに改めてクラブ役員さんの仕事に注目していただき、クラブ役員さんが「有難い」お仕事をされていることを承認(Validate)いただくことです。


それでも、「私のクラブはこんな素敵なクラブなんです」という意味合いで、役員さんのストーリーの中からひとつでもふたつでもご紹介いただけたら嬉しいです。もしかすると、そのストーリーが他のクラブの役員さんを元気にするかもしれません。

その結果、たくさんのお話をいただきました。そこで見えたのは、愛されているクラブ役員さんの姿でした。ひとつひとつの心温まるメッセージに、クラブ役員になることの素晴らしさに改めて気づくこげます。
私もこの投稿で、来年度クラブ会長としてのモチベーションを高めることができました。感謝申し上げます。
石原堅

以下、これまでいただいた投稿を投稿順に掲載しています。


“私のクラブのSAAさんは、素晴らしいSAAです。何故ならば「会場係は大変だ」というイメージを全く表に出さず、当たり前のように会場係の役割をこなして頂いているからです。いつもメンバーのだれよりも早く来て開場をしていただくだけでなく、役員会議をやるからいつもより早く来てください、というお願いにもいつでも快く引き受けてくださいます。私たちがいつでも楽しく例会が行えるのはSAAさんの目に見えなく努力の上に成り立っているもので感謝しきれません。私はSAAさんの姿を通じて、リーダーシップとコミュニケーションが両輪であるというトーストマスターズの真髄を見ることができた、と思いました。
府中TMC


先日の例会でたまたま定刻の30分くらい前に到着したのですが、役員会が開かれていて、顔ぶれをみたらレギュラーメンバーの半数くらいが役員をされていることにちょっとショックでした。彼らの活躍無くしては当たり前のように出席している例会も開けないことに感謝といつか自分もこの役目を担って恩返ししたいと思うようになりました。
松戸TMC


歴史ある我がクラブは、平日夜の梅田開催とあって毎回多くのゲストとメンバーが参加。その若き会長は、ベテランの意見を聞きつつ、新しい企画も取り入れ、情熱的なクラブ運営をしてくださっています!
大阪TMC


“私は悩んでいました。
スピーチのネタが思いつかないのです。
あと数本でACG達成。でも、まったくと言っていいほど思いつかない。
なぜか、ACG達成が近づけば近づくほどネタが無くなっていく・・・ような気がしていました。
何か、自分ではわからない、言語化できない、心理的な、ネガティブな感情が、古い感情が出てきて、達成を阻んでいると感じました。
でも、自分ではどうすることもできませんでした。
VPE「次回スピーチしませんか?」
私「いや・・ネタが無くて・・・」
というやり取りを数か月続けていました。
だんだん自分の心に「無理」という気持ちが強くなってきました。
そもそもの「やる気」が起きないのです。
ある時、VPEがしつこく頼んできました。
私は正直言って、そのVPEの押しの強さにイライラしていました。その人をどうにか改善させてやろうとも思いました。
ですが、他責になってしまっている自分には気づいておりましたので、後で罪悪感を感じました。
とうとうスピーチをすることになりました。
私「内容はグダグダになってしまいますが、それでいいんでしょうか?」
VPE「いいんです!とにかくスピーチしましょう!」
イライラしながらも、何とか私は概略だけ作ってスピーチに挑みました。
スピーチが終わってからは、「俺はよくやった!」というような達成感はあまり感じませんでした。
ですが、数日経って、気持ちが落ち着いてから思い返すと、
「あれ?・・。これって結局VPEのあの人のおかげでスピーチを進められたのか?」と気づきました。
まずは行動させてみる。そんな押しの強いVPEのおかげで、何とかACGを達成できました。
単にマニュアルを進めること自体が目的になってしまっていた自分に気づきました。
何も伝えないと、自分との関係が悪くなり、他人との関係も悪くなることに気づきました。
ネタがない、話す気がない、それでもいいから、他愛のないことでもいいから「伝える」ことが必要だと、その押しの強いVPEから学びました。
所沢TMC


“今期はTokyo ESSの会場が都合により一時的に自由が丘から池尻大橋に変わり、とても苦労しました。それがきっかけで辞めてしまう会員もいました。
そんな中、会場の予約で1番苦労していたはずのSAAのMさんは文句一つ言わず、いつもクラブを支えてくださいました。会場費は会場で支払わなければならないのですが、家から遠い会場にもわざわざ出向いて会場費を支払いに行ってくださっていたことを最近知りました。
それだけではなく、細かい作業が得意なMさんは手作りのトーストマスターズの演台を作ったり、飾りを作ったりして例会を盛り上げてくださっています。
SAAの仕事に限らず、人数が少ないときには直前のお願いでもスピーチをしてくださり、TMODとして積極的に様々な企画をしてくださいます。
Mさんがいつも頑張っているから私も一緒に頑張りたいと思えます。そんなMさんが役員でいてくださって本当に良かったな、と思います。
SAAは目立つ仕事ではありませんが、目立たない仕事でもこんなに輝いている人がいます。トーストマスターズに限らず、どんな仕事でも楽しみながら、自分の得意なことを生かしながら取り組むことこそがリーダーシップなのではないかと思います。
Mさんはそんな大切なことを私にいつも教えてくれています。
Tokyo ESS TMC


“YOU GOTTA READ THE RULES!!
(The CHANGE to the International Speech Contest)
On January 25th I was sitting in a cafe with Hideo Temma…Vice President of Education for Nishinomiya T.G.I.F. TMC.
That is when he informed me of the rule changes…effective this year, the Regional Quarterfinal round system. No longer is the District 76 Winner guaranteed to advance to the Semifinals of the Toastmasters International Speech Contest but instead a video of their District 76 Contest speech will be sent to a Region 14 Committee for the Quarterfinals.
I was devastated to hear this news. As the District 76 3rd place finisher in the 2018 contest I was disappointed and shocked.
I was disappointed in myself for NOT having read the rulebook and rule changes for the 2019 contest and I was shocked that nobody else in Division F seemed to know about the rule change. There had been no announcement from the District 76 leaders…nothing, zilch, nada.
I felt confident that my material might have been good enough to get me back to the District 76 Competition. However it was NOT good enough to win a Region 14 video competition against TMs from other countries.
I might have advanced to the District Competition, I MIGHT have even won and then…and then…I would have had my heart broken to hear the news.
It would have been my fault. Why? YOU GOTTA READ THE RULES!!
If not for TM Temma (and MY negligence to read the new rules) I still would not know about the rule change.
After TM Temma’s news I was devastated, demotivated, dejected and disappointed.
Education is not always easy yet it is essential to grow.
The role of a VPE is to educate and TM Temma is the best there is at what he does. His evaluations, leadership skills as an officer and overall example that he sets are prototypical of what a District 76 should aspire to be; he is the benchmark for D76 VPEs.
In fact…this man introduced me to Toastmasters. If not for him, I would not even be a Toastmaster.
If there is a more astute, professional, aware and responsible VPE in District 76 I have yet to meet the person.
Hideo Temma…Vice President of Education for Nishinomiya T.G.I.F.
Hideo Temma…an exemplary Toastmaster.
Hideo Temma…THE standard of how a VPE should be measured.
Nishinomiya T.G.I.F. TMC


“CLTC weekend例会は、昨年の4月から始まりました。私は、英会話を2年前に始めたばかりで、英語のトーストマスターズなんてついていけるのか、と不安の中、役員の友人を信じて入会しました。毎回、役員やメンターのサポートを受けながら、例会・英語共に初心者である新メンバーと、自らの英語の向上とクラブの発展を目標に努力することは、とても楽しいことだと感じています。
この度、新メンバーの提案で、これまでボランティアなのに献身的にサポートしてくださっている役員を、新メンバーが主体となりサポートするグループを立ち上げました。TMやPathwayなどマニュアルを確認しながらメンバー全員が、意見を出し合い、尊重し、個々の個性や創意工夫を生かして例会を作り上げます。このグループを作ったことで、とても理想的なクラブができあがりました。私もこのクラブで頼りにしてもらえることを嬉しく思っています。
CLTC weekendは、メンバー全員が、TMの精神の基、方向性を同じくして、お互い無理をせず、サポートしあい、例会もイベントも、そして英語の研鑽も楽しむことができる、本当に素晴らしいクラブです!私は、このメンバーの一員になれてよかったと思っています。
Crescent Lunch TMC


会長が、クラブの活動を活発化しよう、かつ、メンバーのことをサポートしようという姿勢が強く、ありがたいです。こんなにメンバー思いな会長がいるクラブで活動できて、よかったと感じています。会長のリーダーシップと、各役員さんや各メンバーの主体性や知見・経験とコラボして、とても密の高いクラブ活動を実現していると思います。
ストーリーテリングTMC


“うちのVPPRはスーパーマンです!
広報は抜群で、彼のおかげでクラブの訪問者がとても増え、一時存続の危機までいきましたが、持ち直しました!
ですが、それだけではないのです。ハロウィーンには皆が楽しめるように仮装道具を大量に持ってきてくれ、クリスマスにはサンタになって現れ、はたまたコンテストではスーツできまってくる。彼の貢献でクラブは楽しくなり、その楽しさが写真で伝わり、新しいゲストがくる。素敵なループを巻き起こす、VPPRここにいます☆”
芦屋TMC


“うちのSAAは飲み会アレンジのスペシャリストです。
芦屋周辺の美味しいレストランは知りつくしているかの如く、和食、イタリアン、フレンチ等々、懇親会のお店はクラブメンバーだけでなく、他のクラブの方々にも大好評!
半年前の懇親会なのに、いまだに””あのお店は良かったわ!””と言わせちゃう。
彼のおかげで定期的に美味しいごはんを皆で食べることができ、クラブの団結力が強まりました。
英語力やリーダーシップだけではなく、美味しいお店まで知ることができますよ☆”
芦屋TMC


“うちのVPEは素晴らしい教育者です!
数ヵ月毎にゲストスピーカーを迎えたり、テーマをしぼってスピーチする取り組みをしたり…、と通常のありきたりになってしまうこともある例会に楽しいスパイスを織りまぜてくれ、メンバーが楽しく英語を勉強する機会を与えてくれます。
もちろん、Pathwaysでわからないことがあれば、一人一人に時間をさいて教えてくれる優しさも満載です!
いつもありがとうございます!”
芦屋TMC


石田さんはいつもオンライン例会をオーガナイズしてくれます。また広報担当副会長として日本全国のクラブに訪問し、積極的に論評のシステムの説明やオンライン例会参加を促進して頂いております。おかけさまでほぼ毎週日曜日夜に全国のクラブの方とオンライン例会を楽しむことができています。また春はディビジョンBコンテストの日本語委員長や懇親会会場の選定等きめ細かく対応してくださりとても助かりました。最近は通常例会、追加例会、オンライン例会と月8回ぐらい例会がありちょっとやり過ぎなのかもしれませんがたくさんの人に多くの学びと感動を継続的に提供している石田さんはすばらしいと思います。ずっとクラブにいてください。ありがとうございます。
東京論評TMC


私のクラブの会長さんは仕事をしていない…ように見える。もちろん役員を取り纏め、今年度のクラブビジョンをしっかり掲げ、例会の最初の最後の挨拶などはきっちりこなす。しかし、特に指示を出さない。何か抜け漏れがあると、おせっかいな私などは何でも直ぐに指摘してしまいたくなるのだが、会長は動かない。でも、これこそが役員・メンバーの成長を促し、1つ1つの例会やクラブの発展に必要不可欠な要素である。敢えて【見守ること】のできる私のクラブの会長さんは凄い。
Nishinomiya TGIF TMC


私のクラブのVPEさんは実は分身かコピーロボットがいるんじゃないか…と思わせるほど、本当に多くの仕事を限られた時間で裁ける方。メンバー増加が著しいクラブにあって、例会ごとの役割の差配だけでも大変なのに、Pathways を熟知し、準備スピーチの機会を増やすためのスピンオフミーティングも企画し、メンター制度の強化に向けた情報交換の場も形成しながら、クラブの公式 twitter でも呟いている(笑)。私のクラブのVPEさんはきっと一人だ、ただ、二人分ぐらいの視野と実行能力があるだけなのだ。
Nishinomiya TGIF TMC


私のクラブはメンバー増加が本当に著しい。VPMさんの話はこの一文で、後は皆さんに想像して頂く…だけで良いのかも知れない。例会前にはゲストさんをエスコートをしながら隣に座るメンバーを差配し、例会後にはゲストに向けたガイダンスを行うVPMさんは、初対面の人をリラックスさせるのが上手い。あっという間に終わってしまう感のある密度の濃い例会の後のガイダンスで、ゲストさんの疑問や思いを1つ1つ解きほぐす。とかく、すぐ自分本位の話をしてしまう私からすれば、お手本のような聞き上手な人、それが私のクラブのVPMさん。
Nishinomiya TGIF TMC


私のクラブの広報媒体は多い。公式 web page に facebook、meetup に twitter。それらを相互に管理するだけでも一苦労なのに、私のクラブのVPPRさんは新しいアイデアを次々に試す。Web page に facebook と twitter の投稿を結び付けたのは、VPPRさんのアイデアと技術の結晶だ。こんなのはどう?こんなのもいいかも?と新しいことに挑戦しつつ、上手くいかなかった時でも、結果とその理由をきちんと共有する、そんなクラブの先端を行く人、それが私のクラブのVPPRさん。
Nishinomiya TGIF TMC


私のクラブの書記さんは何をやらせても早い。例会後には部屋の片づけが始まるころには、スピーチ時間などの書かれたホワイトボードの写真をいち早く撮り終わっている。記録の打ち込みも、回覧もすべてが早いので、議事録が滞ることはない。この早さを生み出す用意周到な準備を、何気なくしておくところ、これこそが書記さんのかっこいいところ。
Nishinomiya TGIF TMC


私の妻を含め、お金を管理する人は割と厳しい。私のクラブの会計さんは数少ない例外だ。いつも落ち着いた雰囲気を漂わせ、物腰と対応は柔らかすぎるほど。それなのに、国際本部への入金を含めた処理速度は本当に早い。このギャップが私のクラブの会計さんの魅力の1つ。
Nishinomiya TGIF TMC


私のクラブのSAAさんは静かだ。いつも早く会場に到着し、必要な物品を全て並べてくれている。あまりに静かに佇んでいるので、物品を(部屋の備え付けの)備品と勘違いしてしまいそうなほど。実は、例会後に本当に多くのメンバーが率先して片づけに動く様になったのは、粛々と例会準備を整えるSAAさんの態度に、メンバーみんなが触発されてできたものだと思う。言葉を発せずに背中で引っ張れる、それが私のクラブのSAAさん。
Nishinomiya TGIF TMC


私のクラブには実は役員さんがたくさんいる。と言うのも、VPE、VPM、VPPR…多分、Secretary にも、アシスタントが配置されているからである。例えば、VPM アシスタントさん達は、VPM と一緒に例会前のゲスト対応、例会後のゲストガイダンスを手分けして行っており、公式に役員としては登録されていない(…しようがない?)けれど、クラブの運営にはなくてはならない人達だ。だからかもしれない、誰かがやむを得ず例会を欠席しても、例会の運営に大きな支障はない。この何気ないバックアップ体制が安定した例会運営を保証してくれるもので、そのアシスタントに新しく入ったメンバーをどんどん巻き込んでいく、現役員たちもまた素晴らしい。
Nishinomiya TGIF TMC


私のクラブの役員さんは皆、魅力的である。もうすぐ4月と言うことで私のクラブでも指名委員会が組織され、次期役員指名に向けて動いている。が、指名委員会が大変な思いで東奔西走…してはいないと思う。私のクラブはメンバー増加が著しい。当然、ここ1年以内に入会したメンバーも大勢いる。嬉しいことに、その新しいメンバーたちから「役員をやってみたい」「クラブに貢献したい」「どの役職がいいですか?」と言った相談(?)をこの一カ月の間に複数頂いた。斜に構えた言い方になるが、このような「役員のちょっといい話」をわざわざ集めて公にしなくても、クラブの役員がそれぞれ意味を持って積極的に動き、新しく入ってきたメンバーに【魅力的】に映り、「役員をやってみたい」と思わせているのである。私のクラブの役員さんは皆、魅力的である。そして、それに気付くメンバーもまたそれぞれが魅力的である。
Nishinomiya TGIF TMC


“西宮TGIF VPE 天満さんは、webのPRへのアドバイス、pathways の説明、議事録の誤字脱字確認、毎回の例会をより学び多い場にするためのワークショップ、プチ イベント企画などなど、八面六臂の活躍でクラブ運営を引っ張っている中心メンバーの一人だ。
そんな忙しいはずの中でも、VPE 天満さんのメンバーへのフォローは相手を配慮しつつ、適切且つ、群を抜いて丁寧だ。メンバーからの質問は、質問内容の回答だけでなく、答えの根拠の説明、加えて、より良くする為のアドバイスなども惜しみなく伝えてくれる。
そして何より、彼のメンバーへ向けている言葉は、いつもエンカレッジ&ポジティブだ。 そんな天満さんの使う相手を配慮した優しい言葉を見聞きする度、天満さんはいつも心からメンバーのやる気、成長を大切にされている事を感じる。 分からない事だらけで質問魔私も、素直に「また分からない事は聞こう♪」と思える。
この場を借りて伝えたい。
Mr VPE 、ヒデちゃん、いつも学びをありがとうー! ヒデちゃんがVPEになってから、益々 TGIF&スピーチがより好きになりました!
Nishinomiya TGIF TMC


私のクラブのVPPRさんは、例会毎にいつも参加者 全員の写真を撮って、Facebookに載せてくれる。 その気遣いが嬉しい。Facebookをいつも見て楽しい。
Nishinomiya TGIF TMC


Even she is outside of Japan and stays out for a while, she just doesn’t stop caring about the members and keeps sending us so much love!
Nishinomiya TGIF TMC


私のクラブの会長は、人を巻き込むのが上手い!笑 最初は小さなお手伝いから、いつの間やらクラブの中心メンバーへ‥ 役員の活動は大変そう、敷居が高い、個人個人の活動の温度差問題を掻い潜って、自然とクラブメンバーを中心メンバーの一員に育てている。 引っ込み思案の私もいつの間かすっかりクラブのメンバーと打ち解けられたのは、彼女のお陰がとっても大きいと思う。 会長、感謝!
Nishinomiya TGIF TMC


“とにかくRemind 上手! 先を見越してのアクションはもちろんのこと、Role assignment のメールも簡潔でわかりやすいし、気配りのある一言が添えられていて( great usage of diplomatic language) 、動こうという気にさせる伝え方を心がけているのが感じられます。
メンター、メンディーシステムが適切に稼働してるかのチェックも丁寧にされているし、モチベーションのあがるようなword choice も上手。VPEとしては120点です!
いつもクラブのためにありがとうございます!
Nishinomiya TGIF TMC


今後のイベント・セミナー

  1. 2020 全国大会

    2020年4月24日~2020年4月26日