新橋トーストマスターズクラブ、10周年を迎える

PDFをダウンロード

話し方、リーダーシップを学ぶ国際的な非営利団体であるトーストマスターズ・インターナショナル所属の新橋トーストマスターズクラブ(以下、新橋TMC)は、今月設立10周年を迎えました。

新橋TMCは2008年8月に設立されました。設立されて10年、サラリーマンのイメージが強い新橋ですが、最近の入会者は20代の女性も多く、男女問わず幅広い年齢の会員が所属しています。また、例会(定例会)の雰囲気は、笑いが多く明るいのが特徴です。優勝者を含む全国スピーチコンテスト出場経験者が3名所属していますので、質の高いスピーチを聞けることはもちろん、会員が成長できる環境が整っています。今年は、『やってみよう!伸ばそう!自分の力に!』を合言葉に、積極的な例会を軸に、合宿や勉強会なども行っていきます。
新橋TMC ホームページ: https://sites.google.com/site/newbridgetmc/

今回10周年を迎えるにあたり、新橋TMCの浜野卓二会長は、以下の通り述べています。
「新橋TMCは、設立10周年を迎えることができました。これは、現役会員に加え、この10年間に所属していた元会員、お世話になったトーストマスターズ関係者、皆さんのお力のおかげです。20周年記念例会を迎えるときも、更に進化したクラブになっているよう頑張っていきたいと思います。」

トーストマスターズは話し方、パブリックスピーチ、リーダーシップを学ぶ国際的な非営利団体であり、18歳以上なら誰でも入会できます。会員20人から30人で組織されたクラブが世界中に存在し、世界141か国に16,200クラブ、約35万人の会員が現在活動しています。日本では、全国35都道府県に日本語・英語その他外国語のクラブ、計188クラブ(立ち上げ中クラブを含めると204クラブ)、4,000人以上の会員が存在します。
日本支部ウェブサイト – http://district76.org/ja/

新橋TMCのように、平日の夜、会社員などを中心に開催されるトーストマスターズクラブには、様々な企業・職種のビジネスパーソンが集まっています。社会人必須のプレゼンテーションや話し方能力の上達に役立つだけでなく、共通の目的のもと継続的に集まることで接触頻度が多く交流を深めやすいトーストマスターズクラブという形態は、新たな社外交流の場として注目されつつあります。

トーストマスターズのグローバル・モットーである「Toastmasters: Where Leaders Are Made」を掲げ、各クラブは今後も、全国の皆様のコミュニケーションとリーダーシップ能力の向上に貢献していきます。

<メディア関係者お問い合わせ先>
トーストマスターズ・インターナショナル日本支部(ディストリクト76)
PRマネージャー 青山亜美
toastmasters@district76.org
http://district76.org/

今後のイベント・セミナー

  1. ディビジョンBコンテスト

    2019年3月21日
  2. 2019年 ディストリクト76 春季大会

    2019年5月10日~2019年5月12日